山と川に囲まれた故郷の地。小さな祠が通学路に建っていた。

子供たちは帽子を脱ぎ、お辞儀をしながら前を通った。


何が祀られているのも知らぬまま私たちは成長し、その地を離れた。